エンジニアの給与事情

Jan 15

エンジニアは稼げるか

「エンジニアは年収が1000万円を超える」「地方や海外でも問題なく稼ぐことができる」「新卒でも年収1000万円をもらえる」といった噂は耳にしますね。
これらが本当なのか実際のデータを見てみましょう。

新卒で年収1,000万円?

「エンジニアは年収が1000万円を超える」

2019年に日経ビジネスに掲載されていた記事ですが、NECが新卒であったとしても年収を1,000万円以上を支払うことを表明しています。

もちろん全員がそうということではないのですが、実力があるエンジニアの年収に上限を設ける必要はない、というメッセージが感じられますね。


世界的にエンジニアの需要が高まっていて、世界レベルで考えると年収1,000万円を超えるエンジニアはざらにいると言われています。
人によっては年収が1億円を超えるという話もちらほら・・・。

地方や海外でも稼げる?

「地方や海外でも問題なく稼ぐことができる」

これは事実でもあり、完全に合っているとも言えません。その理由として、実力があるエンジニアであれば実現可能です。
インターネット回線とPCさえあれば成果物は出せますので。

しかし、初心者の頃は教えてもらいながらの業務なので、勤務時間や場所が拘束されるのは現実です。
なので実力をつけて意見を言えるようにスキルアップに勤しみましょう。

どこでスキルアップする?

スキルを幅広く学べる環境として、
Incubation Academy(インキュベーションアカデミー)
がお勧めです。


月額7,980円でアプリ開発からデザインまであらゆるスキルを身に着けることができます。

無料トライアル期間があるので、
まずは気軽に挑戦してみましょう!
Created with