【初心者必見!!】簡単にわかるプログラミング基礎基本!

プログラミングとは

簡単に言うと、プログラミングはパソコンに指示を送る文章を書くこと。コンピューターは事前に用意されたプログラムを読み取り支持された通りの処理を実行。

1. プログラミングによってできること

プログラミングによって、このようなことができるようになります。

・webサイトの作成
・ゲームの開発
・AIロボットの開発
・業務のシステム構築


などいろんなことができます。

あらゆるものをシステム化するときに使われて機械に動いてもらうようにします。

2.言語の種類

プログラミング言語は、いろんな種類があり今回は求人の多いものを紹介していきます!
出典:indeed(公式サイト)2020年/4月時点
よく使われているのが

・HTML
・Java
・PHP


こちらの3つが多いと思われます。

HTMLはサイト制作に使われることが多く、PHP、CSSなどと組み合わせることで
webサイトを作ることができます。

Javaはいろんなシーンで使われ、キャッシュレスアプリやいろんなところで活用されています。
まず取っておくと幅広く活用できると思います。

3.注目されている理由

・プログラミング的思考が学べる
・IT業界が経済の中心に変化している
・AIの発展により単純作業が自動化している


これらのことが学べるから注目されています。

①プログラミング的思考
学校教育でプログラミングが必須になっています。
なぜすべての人がIT業界に行くわけでないのに必須になったのかというと、
プログラミングでは『論理的思考、ロジカルシンキング』を養えるからです。

論理的思考が身についてくると、『考える力』が養われるので、
今後大人に成長した時に役に立ってきます。

②IT業界が経済の中心に変化している
今の産業はどこもITの技術を取り入れていてITなしで完結するものがないくらい密接にかかわっています。

システムを組み込むためには、プログラミングが必要になってくるので、必要な知識です。

③AIの発展により単純作業が自動化されている
最近でも、どんどんキャッシュレス化が進んで、レジなど今までは人がやっていたことが
AIができるようになるので、人はもっと違う作業ができるようになる。

良いポイントでもありますが、AIにできない仕事が見つからなければ職を失う人が出てくるということなので、しっかり対策しないといけないですね!

今回は、プログラミングの基礎ということで
IT業界の話であったり、おすすめの言語を紹介しました。

次回以降でもっとプログラミングの詳しい内容を書いていければと思います!

最後まで読んで頂きありがとうございました!
Created with